FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

バンクシー

■バンクシーに関する詳細

バンクシー
バンクシー(banksy)は、イギリスのロンドンを中心に活動する芸術家。主に、グラフィティーアートを描く。ガーディアン紙によれば、1974年にイギリスのブリストル生まれ。メトロポリタン美術館や大英博物館などの館内に、自らの作品を無許可で展示するなどのパフォーマンスにより、一部の人々からは、「芸術テロリスト」と呼ばれている。ディスプレイにこだわって芸術活動を行っており、企業の商品とのコラボレートや、ミュージシャンのアルバムジャケットの依頼等は、ほとんど全て断っている。断られた例としては、世界のトップ企業であるソニー・ナイキ・マイクロソフトや、トップミュージシャンのDavidBowie、Orbital、MassiveAttackなどの数知れない。...

■バンクシーに関する記事

バンクシー
ちなみに、バンクシーの作品の多くは、街頭(壁面)などに描かれているから、清掃などの際に消えてしまうそう。そんな中、サザビーズ主催のオークションで、バンクシーの作品計6点が、日本円で、約8500万円以上で落札された。...

グラフィティアーティストのバンクシー個展、ロンドンで開催
バンクシーは政治や文化、倫理などに対する批判的メッセージを込めた作品で知られているが、自身についてはほとんど明らかにしていない。作品の人気は高く、ニューヨーク(NewYork)での競売では『Keepingitspotless』という作品が180万ドル(約1...

NewYork Modern Art
デビッド・ベッカムが妻のヴィクトリアにダミアン・ハーストの作品をプレゼントしたり、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが英国人のグラフィティアーティスト、バンクシーの作品を買い上げたりと、セレブのアート好きも目立っている。...

ワンダーウォール・キャンペーンの回顧と展望(仮称)【前編】
それをこの壁でまず最初にやってみせたのがバンクシーだった。このビデオに見られるようにバンクシーは、他者への恐れと不信、そして憎悪と排除の念がつくりあげてしまったこの巨大なアパルトヘイトの壁を、「風船を手にした子どもが飛びこえてゆこうと...

運命の再会
くすりキャッスル。サイエンスミュージアムにて。アートと薬物の素敵なコラボ。最近見つけた面白いもの?.バンクシーの新しいらくがき。エセックスロードにて。庶民スーパー・テスコの袋が旗のよう。それではおあとがよろしいようで。...

■バンクシーに関する動画

[PR] 美少女のことなら美少女☆パラダイス


2008/03/06 未分類 トラックバック:- コメント:-


<< 山口達也 | HOME | 小桜セレナ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。