FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

瀬島龍三

■瀬島龍三に関する詳細

瀬島龍三
瀬島龍三(せじまりゅうぞう、1911年12月9日-)は、大日本帝国陸軍陸軍軍人、経営者。富山県出身。岳父は松尾伝蔵。陸士44期卒。富山・富山県立砺波高等学校砺波中学、陸軍幼年学校を経て、陸軍士官学校陸士を2番(首席は原四郎)、陸軍大学校陸大を首席で卒業(昭和天皇から恩賜の軍刀を受ける)。太平洋戦争(大東亜戦争)時、大本営参謀(陸軍部作戦課)としてガダルカナル島の戦いガダルカナル撤収作戦、ニューギニア作戦などを担当。1945年7月、関東軍参謀に転出。最終階級陸軍中佐。降伏後停戦交渉に赴くも、シベリアへ11年間抑留される。この間極東国際軍事裁判(東京裁判)にソ連側証人として出廷。...

■瀬島龍三に関する記事

大東亜戦争の実相 (PHP文庫)
山崎豊子の『不毛地帯』壱岐正のモデルとされ、美化された瀬島伝説そして、保坂正康『瀬島龍三-昭和の参謀史』等に代表される、責任を取らない参謀という二面性のある評価。眼から鱗の衝撃はないが、平成の今となっては最後の生き証人のその冷静で中立的...

-伊藤忠-
新・平成日本のよふけSP瀬島龍三第7回3/3新・平成日本のよふけSP瀬島龍三第7回3/3anman908min8sec-Aug3,2006株を取り戻す(誰か第1回、2回、8回、9回アップして~)新・平成日本のよふけSP瀬島龍三第7回2/3...

瀬島龍三氏が死去=伊藤忠元会長、政財界「参謀」で活躍←このニュース ...
戦前、戦中、戦後を通じて政、財界の「参謀」としての道を歩んだ伊藤忠商事元会長の瀬島龍三(せじま・りゅうぞう)氏が4日午前0時55分、老衰のため東京都調布市の自宅で死去した。95歳だった。富山県松沢村(現在小矢部市)出身。葬儀・告別式の日程など...

八月十九日の密約説 古沢襄
瀬島龍三氏が九月四日、老衰で亡くなった。九十五歳。シベリアに抑留された旧日本兵の家族や遺族たちにとっては、複雑な思いがあるだろう。私もその一人である。瀬島氏は満州で敗戦を迎えている。肩書きは関東軍参謀、陸軍中佐であった。...

西野弘のとことん対談 瀬島龍三「マネジメント、それは“本分”...
本対談は、経営コンサルタントの西野弘をホストとし、各界の先覚者にITを活用するうえでも不可欠な「マネジメントの真髄」を聴くことを主眼に企画された。第1回のゲストは、まさに戦中戦後の日本の“司令塔”を支えてきた瀬島龍三氏――。...

■瀬島龍三に関する動画


2007/09/04 未分類 トラックバック:1 コメント:0













管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://hotword2007.blog118.fc2.com/tb.php/36-42a00dbb

-

管理人の承認後に表示されます

2007年09月06日

<< 中鉢明子 | HOME | 雷情報 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。